カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

はしもと秘密基地計画0号絶景ツリーハウスデッキ

はしもと秘密基地0号 ツリーハウスとウッドデッキが完成しました。当面、橋本商工会議所が窓口になって1日1組限定で、無料でお貸ししようと思います。利用ご希望の方は、

ページの一番上の「お問い合せ」をクリックして、お問い合せ内容に、利用ご希望の日、時間、ご住所、ご利用人数、年齢、ご質問やご相談、をご記入いただいてお送りください。

折り返しご連絡いたします。(お返事は、平日9:00〜17:00の間にいたします)

ツリーハウスの小屋を乗せる木の上のデッキを作りました。

ここからの景色は、これは絶景。

風は冷たかったですが、冬晴れの青空が広がっていました。

ツリーハウスデッキから

さあ、今日はツリーハウスを設置するデッキを、木の上にこしらえます。

まず、土台になる丸太を上げて、柱になる4本の木の2本ずつを挟んで固定する作業です。

丸太って重いんです。みんなで一生懸命力を出しました。

丸太持ち上げ

ようやく持ち上げた丸太を、位置合わせします。

そしてドリルで穴を開け、ねじとナットで結束します。かなり頑丈です。

丸太固定

その丸太4本の上に、床板を張っていく梁を、これもまたボルトとナットで締めていくのですが、そのうち4本は、丸太と交差するように、木を挟み固定します。

丸太だけのときは、まだ揺れていたのですが、これで、すごくしっかりしました。

さあ、その上に床板を張っていきます。

木があるところは、その形に床板を切って張ります。

丸太や梁の端っこは、チェーンソーで削って、少しおもしろい形にしました。イメージは、昔ナイフで削って失敗した鉛筆。

床板の端は、ジグソーで不定形に切りました。

ツリーハウスデッキ床板

もうひとつ仕事があります。下の大きいウッドデッキに手すりをつけます。

本当は手すりはないほうが開放感があるのですが、やっぱりそういうわけにはいかないだろうと思い、つけることにしました。

まずは、柱を作ります。木に床に固定する金具をボルトナットで固定して、それを床ともボルトナットでしっかり固定していきます。

ウッドデッキ手すりの柱

そして横板を張っていきます。横板は、デッキのアールに沿って、ちょっと曲げて固定します。

横板の高さも、いろいろ考えました。

下の板は、板の下から子供さんが、脚を出してぶらぶらさせても、おなかを受け止められる高さに。

上の板は、高さを70cm位にして、開放感があるように、また、脚ブラの子供たちの視線をさえぎらないようにしました。

デッキのまわりには、すぐ近くの山の中から掘ってきた木や草を植えました。春になれば緑がデッキを包んでくれるように、きっと根付いてくれると思います。

ウッドデッキ手すり

ツリーハウスの樹上デッキができて、それらしくなりましたね。

次回は、ツリーハウス(小屋)を樹上デッキの上にこしらえます。

それから、ウッドデッキから、ツリーハウスへのはしご・階段を、どこにどんな風に作るか、今、議論百出です。

ツリーハウスデッキもできた

ツリーハウスセルビルドテストも、いよいよ佳境に差し掛かっています。ツリーハウスの部品を作らないといけませんので、次回のご報告は、2月下旬になると思います。どうぞお楽しみに。

ページトップへ